英語のニュースサイト攻略法

英語のニュースサイトを読むのに、まず最初にクリアしなければならないことは、見出しを読むことです。見出しに書いてあることを理解できれば、その後、どんな文章が書かれているのかを推測しながら読むことができるはずです。

が、しかし、この見出しって知らない単語がやたら出てきませんか?文法とか関係ないような英文ではないですか?

実は、見出しには、ある制限があるのです。それは、見出しは字数が限られているのです。

これは、もともと新聞には字数の制限があって、特に見出しは大きなサイズの文字で一行できれいにまとめるのが良しとされているので、なるべく少ない単語で、しかも短めの単語を使う傾向があります。

ですから、あまり見慣れない単語でも、短い単語という理由で使われることがあるのです。
これが、見出しに使われる英語の難易度をあげている理由になります。

このような理由から、ニュースサイトの見出しを読みこなすには、まず最初に、見出しによく使われる短い英単語を知るということが必要でしょう。
そのためには、何度も英語のニュースサイトを読んで、見慣れない単語はメモをして、慣れていくしかないでしょう。


その他、英語のニュースサイトを読む時には、以下の点にも注意して見て下さい。
(1)動詞が現在形なら、実際の意味は過去形になる。
ニュースは基本的に過去の出来事について知らせるものなので、過去形として解釈すると理解しやすいと思います。

(2)「to〜」の形で不定詞になれば未来形の意味を表す。
今後のことについてのニュースの場合は、未来のことを伝えることになるので、動詞の現在形ではなく、「to〜」の形で不定詞が使われる傾向があります。

(3)なるべく、文章を短くしようとするので略語が使われるもある。
見たこともない略語が出てきた場合は、日本語の辞書では掲載されていない場合があるので、英語の辞書サイトで調べて見て下さい。
別ウィンドウTHE FREE DICTIONARY (このサイトの詳細はこちら

(4)人名のあとに「:」(コロン)がつく場合は、「誰々は〜と言った」と訳す。
[例] Bill Gates: 〜

(5)見出しには基本的に接続詞はあまり使われない。しかし、「as」はたまに使われる。
この場合は「as」は、「〜するなかで」と訳すと良い場合が多い。

スポンサード リンク

このカテゴリーのコンテンツ一覧


このページのトップへ